無題ドキュメント

2016年10月31日

走行わずか891km!!1987年モデルNSR50整備完了!

以前から何度かお伝えしていた1987年最初期生産NSR50(走行距離891km!!)の整備が完了しました。

1.jpg

過去エントリーはコチラ

2.jpg

4.jpg

3.jpg


ブレーキキャリパーは前後ともオーバーホール済み。
ブレーキパッドは当時の走り屋リスペクトで、定番のデイトナ赤パッドの新品を装着。

5.jpg

ブレーキホースは本当は純正部品で新品交換したかったのですが、すでに廃番…

6.jpg

こちらも当時風に赤/青フィッテイングのステンレスメッシュホースに交換。

キャブレターは全バラして清掃&組立。

11.jpg

エンジンは非常に程度が良かったのですが、念のためピストンリング、ピストンピン等の消耗品だけ純正部品で新品交換しております。

エンジン回り、燃料系のホースもすべて純正部品を使用して全交換。

10.jpg

メーター回りもこの通り。

7.jpg

スポンジのメーターパネルは経年変化でサクサクになっていたので、95以降の後期型のパーツに交換。

残念なことにタンク後端に凹みが…

8.jpg

おそらく30年近い保管期間に何かぶつけたのでしょう…
タンク内部はかなりキレイな状態でしたが、念のため錆びとり、清掃、コーティングを施してあります。

フロントフォークはシール類、オイルを交換してオーバーホール済み
新車出荷状態と同じセットアップで組んでおります。

リアショックはミニバイクレースでの使用実績も多い95〜後期型の純正ショックの新品に交換してあります。

スイングアームピボット部、ステムベアリングなども点検、清掃、グリスアップを施工しておりますので、足回りの機能に関してはほぼ新車状態だと思います。

外装は年式を考えるとキレイで艶もあるのですが、そこはやはり29年落ち車…
アンダーカウル後端にクラックが入っていたり

9.jpg

保管時についたと思われる傷が各所に見受けられます。

12.jpg

もちろんこのあたりの外装パーツの純正品はすでに廃番になっておりますので、修理するとなると「ペイント」での補修となります。
そうなると車両の販売価格が2ケタ万円単位で跳ね上がりますので、今回はそのまま。
新オーナー様のこだわりで仕上げてください。

タイヤはあえて生産当時に装着されていた1987年37週生産、バリ山、ヒビだらけのDUNLOP K178を残してあります。

13.jpg

もちろん納車時にBS BT601SS(YCY)に前後とも新品交換いたしますのでご安心ください。

車両本体価格は¥298000(税抜)
参考乗り出し価格 ¥356120 登録手数料¥5400(伊勢原市・秦野市の場合)自賠責12ヶ月¥7280、納車整備代¥21600含む)

たとえば…
TOYOTAのAE86レビン、走行1000kmで機能パーツレストア済みの車両が中古車市場に出てきたら…
年代と車両のキャラクターを考えるとこのあたりの比較がフェアかと思います。(KP61スターレットあたりか?)
おそらくこのご時世だと500万を超えるプライスでも引く手あまただと思われます。

このNSR50はそれと同じぐらいの奇跡の一台です。
整備の内容、車両の希少性を考えると相当お買い得だと思います。
歴史的名車の極少走行車を手に入れるには、急いでご連絡ください。
posted by ナップス伊勢原店スタッフ at 14:27 | 神奈川 ☁ | 特選中古車情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください
<ナップスからのお知らせ>
バイク用ETCの取り付けは、バイクならではの事例を多く持ち、使用中の安全性を重視した取り付けを行うナップスへ!